診療時間

定休日

▼過去のブログはこちら

LINEで送る
弁護士法人エース

> サイトマップ

みなみ整骨院 > コラム > へバーデンとブシャールに出来るこぶ
2021年11月1日(月)

へバーデンとブシャールに出来るこぶ

上の写真の赤丸がへバーデン結節といって

指の先端の関節が変形してきて

腫れたり痛くなったりします

この写真はブシャール結節といって

指先から二番目の関節が変形してきて

腫れたり痛くなったりします

結節とは骨のコブのことで、

手指の関節が腫れて痛むだけでなく、

粘液嚢腫(ミューカスシスト)と呼ばれる

水ぶくれが現れることもあります。

症状には個人差がありますが、

関節軟骨の摩耗や関節の隙間が狭くなり

徐々に骨が変形していきます。

そのため、指の動きが悪くなったり、

強く握ることが困難になったりして、

日常生活が困難になることがあります。

自己免疫疾患のひとつ「関節リウマチ」と症状が似ていて、

一見、見分けがつきにくいため、専門医に診断してもらいましょう。

「ヘバーデン結節、ブシャール結節」

現時点では原因は不明ですが、発症が更年期の女性に多く、

また利き手以外の手指にも症状が現れることから、

女性ホルモンが関与している可能性が考えられています。

ヘバーデン結節、ブシャール結節以外にも

更年期に起こりやすい手指の疾患として、

ばね指・ドケルバン病などの腱鞘炎、

手根管症候群、

母指CM関節症があげられます。

更年期のみならず女性ホルモンの大きな変動(減少)が起こる

産後・授乳期にも、同様に手指に痛みやしびれ、

こわばりが起こることが報告されています。

対処療法として、

腫れ・痛み・しびれのある部位の

安静と固定(テーピング)や

服薬(鎮痛剤、漢方薬、ステロイド剤の関節内注射など)があります。

また、女性ホルモンに似た働きを持つ

エクオール含有のサプリメントの摂取も、

初期の症状の緩和に役立つという報告もあり、

期待されています。

手指が変形し、日常生活に困るような場合には、

手術を行うこともあります。

そうなる前にぜひご相談ください